【LINE画像流出】で『ベッキー』パチンコ・パチスロ店の来店イベントも近い?

2016年1月上旬に発覚した、タレントのベッキーと、人気バンド「ゲスの極み乙女」のボーカル川谷絵音の不倫疑惑で世の中は話題ですが、細かい事に関しては、今回おいておきます(笑

ラブラブLINEメッセージの画像が流出したことで、不倫だったことが判明したようです
(謝罪会見前日のラブラブメッセージ

ベッキー不倫騒動 LINE

・「文春」を直訳した言葉
ちなみにベッキーの言っている「センテンス スプリング」とは「文春」を直訳した言葉。ベッキーなりのジョークなのだろう。それよりも重要なポイントは、謝罪会見をしておきながら、いまだに反省せず、川谷と不倫関係を続けていることである。また、ベッキーは川谷絵音に離婚届の書き方サイトのURLを教えているのだとか。

バズプラスニュース

とうことで、今後のタレント業が困難になる可能性がでてきています。
CMが打ち切られると、4億〜5億円の違約金が発生するとも言われていています。

なぜ?パチンコ・パチスロ店の来店なのか?
説明していきます。

スポンサーリンク

酒井法子さんと同じ事務所

酒井法子さんがパチンコ店に来店しているのは、みなさんご存知の通りで『1,000人』とか集まったホールもあったみたいです。
1日3店舗で300万の高額のギャラだったとも言われています

その他、芸能人の人達が来店するのは、よくあることですよね。

酒井法子 のりぴー 来店

酒井法子 のりぴー 来店

その酒井法子さんと同じ事務所(サンミュージック)であるベッキー。。。

Yahooニュース引用

ベッキーさんの場合、1本のギャラが2千万円ほどなので、CMが打ち切られると1本4千万円の違約金が発生する可能性があるということ。10本すべて打ち切られれば、違約金が合計4億円になる計算です

’09年、事務所の先輩だった酒井法子(44)が、覚せい剤所持・使用で逮捕されるという事件が起きました。そのとき、彼女のCM契約がすべてキャンセルになったサンミュージックは億単位の違約金を支払ったといいます。その後、獅子奮迅の活躍で穴を埋めたのがベッキーだったんです。騒動後には事務所が所属タレントを集め、講習会も開きました。もちろん、ベッキーも受けたはずです。なのに、今回の“不倫騒動”で再び事務所に多額の損害が発生するという皮肉な状況になってしまったんです

広告代理店関係者は、のりピー騒動以上の莫大な“CM違約金”が発生するだろうと話す。

いま、CM出演契約をタレントと結ぶ際は、ものすごく分厚い契約書を交わすんです。その中には、“不貞行為”を含め、“絶対にやってはならない行為”が細かく定められています。こうしたタブーを犯したタレントの違約金は、もらった金額の“倍返し”が普通。ベッキーさんの場合、1本のギャラが2千万円ほどなので、CMが打ち切られると1本4千万円の違約金が発生する可能性があるということ。10本すべて打ち切られれば、違約金が合計4億円になる計算です」

会見翌日には、早速1社がベッキー出演CMの打ち切りを決定。この流れは今後も止まりそうにないという

あの好感度NO1タレントと言われた『ベッキー』が、パチンコ・パチスロ店に来店する日がくるかも!?

ち、近い所ならば、もう・・・・

調査しに行く!出玉はどうでもいいかも(笑

スポンサーリンク

よかったらシェアして下さい

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。