【等価交換廃止】東京都のパチンコ・パチスロ換金率が非等価交換に。ユーザーへの影響は?

都遊協

ある程度前から予測できたものの、実際に東京都遊協の9月29日の定例会で決定したようです。
どのように変更になるのか?今後の予想も含めて、BABOO!ニュース的にいってみたいと思います。
東京都遊技業協同組合
外国人でもわかるように英語対応になっています。
グローバル化してますね【重要】

スポンサーリンク

東京エリアの非等価交換の影響

決定した内容

①提供価格の変更日は11月2日(月)まで
②金賞品の提供価格を0.1g賞品1,120円(4円パチンコ換算280玉)、0.3g賞品1,680円(同420玉)、1g賞品6,160円(同1,540玉)とすること
③貯玉再プレイの引き出し個数の上限はパチンコ2,500玉(※1日1人当たり、遊技料金に関わらず)、パチスロ500枚(同)
④実施に関する告知は10月5日(月)まで、となる。

11月より換金率が変わります

換金率の上限は以下になります

パチンコ『28玉交換』
スロット『5.6枚交換』

貯玉、貯メダルの引き出し上限

1日1人あたり

パチンコ『2,500玉』
スロット『500枚』

ユーザーへの影響

いろいろ言われていますがBABOO!ニュース的の見解だと・・・

チャンス!!!!!!!

ルール変更される時は何かしらミス(攻略性)だったりが生まれる可能性が高い。
今までの立ち回り(固定観念)に囚われず柔軟性を持って考えると吉とでる事が多いです。
前回の貯玉、貯メダルが生まれた時も、【手数料無料】というサービスで一般との差が生まれて利益にした人も多かったはず。
切り替わりの時は『ピンチなんだけどチャンス』なんですよね^^

よって知識がある人はもっと勝ちやすくなる100万以上勝てる人の割合が増える。
それにより話題性が増えていき、7号業界(ぱちんこ業界)が盛り上がる!
はい。理想論です^^

ホールは、新たなユーザーを獲得するチャンスでもあり
常連さんが他に行ってしまうピンチでもある

また、間違いなくいち早く中小企業なりのグローバル化が急務であることも言えるでしょう。

ちなみに私は、今は派手に立ち回っていませんが、本気でやるとしたら、打つ方(ユーザー)も一緒なんでグローバル化を目指します。
真面目に働く外国人に、勝てる立ち回りを教えたり、打ち子として雇ってみたり、そんなんでいち早く組織作るかな?

なーんてポジティブに考えてると楽しくないですか?

人生一度きりなんで楽しみましょう!

スポンサーリンク

よかったらシェアして下さい

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。