【2015】パチンコ・パチスロ業界のイベント日はなくなっていない

パチンコ 等価交換

2011年8月より施行された
パチンコ・パチスロ店に対する広告規制

年月が経ち2015年の現在はどうなっているの?

あの手この手でパチンコホールは集客をしようと試みています。
2015年11月より、東京都は非等価交換へ移行します。

【等価交換廃止】東京都のパチンコ・パチスロ換金率が非等価交換に。ユーザーへの影響は?
ある程度前から予測できたものの、実際に東京都遊協の9月29日の定例会で決定したようです。 どのように変更になるのか?今後の予想も含めて、BABOO!ニュース的にいってみたいと思います。 東...

これに伴って、全国的に等価交換の店舗は消滅の方向へ
スロットは5.6枚交換〜6枚交換
パチンコは3円〜3.57円
が主流になっていきそうです。

イベントをうまく見極めて立ち回る方法を私なりに紹介していきたいと思います
※ライトユーザー向けになっています。ご了承下さい。

スポンサーリンク

パチンコ・スロットイベントの見極め方

○のつく日などの特定日を見極める

パチンコ・パチスロ店のほとんどに当てはまるのですが

『○のつく日』
『毎週○曜日』
『ゾロ目の日』

など、いつもよりお客さんに還元する日が存在します。
各店舗によりパターンはさまざまで、まずどの日が還元する日なのかを見極めましょう。
業界関係者や専業(プロ)などは
特定日・強い日・イベント日
などで言われることが多いです。

特定日の調べ方

実際にホールに通っているとわかるのですが
ライトユーザーはそうはいかないです。

いくつか実際にある特定日の可能性が高いパターンを紹介します

ライター系の来店パターン

『○○○さん来店』

など、地域によって規制されている場所も多いですが
基本的には特定日の可能性が高いです。

動画系の取材パターン

ライター来店は禁止されているけど動画撮影や取材系は大丈夫な場合。
来店系より当日『なんかやってる感』が高いのが特長です。

これも、特定日の可能性が高いです。

グランドオープンした日

人で言うところの『誕生日』です^^
お店にとっても特別な日=特定日の可能性が高いですよね。

会員メールがいつもと違う

パチンコ店のメールがいつもと違う場合。
(例)
背景の色が違ったり、文字の大きさが違ったり など
特定日の可能性が高いです。

ピーワールドのメールや店舗メールでわかる場合があります。
ピーワールド公式ページ

店内・外観ポスターに注目する

これもいつもと違うパターンに当てはまりますが
特定日をポスターなどで教えてくれる店舗も多くあります・

まとめ

上記のパターンで全国の店舗の80%程度は当てはまります。
参考にして、まず特定日がいつなのか?
見極めてみて下さい。

ここからが重要です!
特定日を見極めたら、どんだけ還元率が高いか?
を調べないといけません。

パチンコ店舗によって全く異なります

大事なので、もう1回言います。

パチンコホールによって還元する内容はさまざまであること

ホールによっていつもより還元率をあげる日
これを特定日といい
いわゆる イベント日 です

イベント日がわかるといつもより勝ちやすくなるのは上記の通りですが
あくまでいつもよりなので注意して下さいね。

次回は、特定日にも【強】と【弱】がある!というテーマにしようと思っています。

スポンサーリンク

よかったらシェアして下さい

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。