断捨離のやり方とコツを勉強してみよう!

188

断捨離を効果的に実行できるようになるためのやり方コツを勉強していきましょう!
断捨離について理解して、最大限効果を発揮し、心をすっきりしていこうと思います!
意識してやるのは、初です!

スポンサーリンク

断捨離とは?

不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のこと

基本的にはヨーガの行法、「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、生き方、処世術である。単なる「片づけ」や「整理整頓」とは一線を引くという。

Wikipedia

=入ってくる要らない物を
=家にずっとある要らない物をてる
=物への執着かられる

断捨離の効果

・片付けられない原因がわかるようになる
・捨てられないと思っていたものが捨てられるようになる
・整理できるようになり維持もできるようになる
・大切なことにだけに集中し、余計なことに時間を使わなくなる
・仕事や他人との関係性を見直すことができるようになる
・ストレスが減って気持ちが楽になり、心が豊かになる

などなど、ようするに・・
    いいことだらけやん!!

断捨離の方法

モノというものは本来、自分の生活を豊かにするためにある

という考えを軸に、今の自分にとって必要かどうかを真剣に問いかけてみる。

いくつか参考になる言葉を紹介します

・迷ったらゴミ
・使わなきゃゴミ
・なくしても買いなおさないものは捨てろ
・いつかは絶対来ない「いつか使う」は絶対無い
・使えるか、ではなく「使っているか」
・高いものはすぐ使え
・古い化粧品は女を古くする
・悩む理由が値段なら買え。それ以外ならどんなにお得でも買うな
・こんなに洋服持っていても、いつも同じ服着てるだろう?
・普段使ってないのにとってあるもの。災害時にそれ持って逃げますか?
・全部捨てたら未来だけ残る。
・思い出の品を捨てても、思い出は消えない。
・過去を捨てなくては、未来の場所がない。
・服があるから福が来ない  紙があるから神が来ない。
・心の隙間をゴミで埋めるな、 言い訳するより振り分けろ。
・明日は明日のゴミが出る。

断捨離手順

仕分けしよう

 1. カテゴリにわける
   (モノを、本、服、ケーブル、CD・DVDなど、カテゴリ別に分類する)

 2. 「とっておくモノ」、「捨てるモノ」、「迷っているモノ」
    の3種類に仕分けする

 3. 仕分けができたら、「迷っているモノ」のみ、再度仕分けする
   「迷っているモノ」の量を半分に減らす。

再仕分けしよう

一回目の仕分けから1ヶ月程度たって、もう一度繰り返す。
もう一度考えてみると捨てられなかったモノがきっぱりと捨てれるようになっている

捨てるモノを処分しよう

1. 欲しがっている人にあげる
2. 売れるモノは売る
3. デジタル化する
 (写真や古いVHSなどは、デジタル化してハードドライブに保存など)
4. 廃棄する(捨てる)

今後の考え方を変えていこう

・新しいものをひとつ買ったら、ひとつ捨てる。
・モノに「有効期限」を定める。期限を過ぎたら捨てどき。
・本当に必要かどうか、48時間考えてから買う。
・より使いやすい形に整理整頓する。

など

総括

いいことだらけですね!
ただ、実際に実践するとなるとこれが難しいのはみなさんもお分かりでしょう。

モノへの執着心

捨てられないですよね・・・

だって、その時の思い出が詰まってたり、もしかしたらまた使う時があるかも知れない・・・

ううう・・

でも、がんばって捨ててみよう!

きっと前に向かっているから捨てなければならないのだろう。

モノ人間関係も^^

みなさんも是非やってみてはどうでしょう?

整理整頓がうまくなりたいですね!
私はもちろんヘタクソです!

スポンサーリンク

よかったらシェアして下さい

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。